『 STEEL PARTY- vol.7 - 』JULY, 03, 2005 in JUNKY HIPPY SHAKE
 
2005年最初のスティール・パーティーは、初の東北地方での開催となりました。当日は、小雨が降ったりやんだりの、決してベストな天候とは言えなかったのですが、それでも大阪からザ・ワールドの浜田さんが、そして秋田からコットン・ピッキンのヒロさんや、岩手からゲストアーティストのショーティーなどが、遠路はるばるわざわざホットロッドに乗って参加してくれたのです。これは、嬉しかったですね〜♪また会場となった、ジャンキー・ヒッピー・シェイクの入るガレージランドも、かなり広々としたスペースがあったため、マコト、ワイドレンジ、ショーティー、タイフーン、ウィールズ・キッチン、そしてクロスオーバーと総勢6名のアーティストたちが参加してくれたのです。最初は、天候や客足など不安なスタートのこのパーティーでしたが、終わってみれば充実内容のショーでした。


東北地方初上陸だったにも関わらず、誰よりも忙しくブラシを走らせていたのは、
このマコトでした。どこに行っても人気が高いのはさすがの一言です。

前日にパンプキン・サリーで納車されたこの39年フォードパネルトラックで、
わざわざ参加してくれた、ザ・ワールドの浜田さん。
納車直後なのに、大阪とは逆の東北にいきなり来てしまうなんて、 かなり男です。

ワイルドなフレイムスがクールだった、デ・ソートも来場してくれました。

いつもマイペースなワイドレンジ。

こんな感じで、当日はスティールの服を着て
るお客さんがたくさんいたのです。Thanks!

秋田のタトゥーショップ、コットン・ピッキンのヒロさんは、この納車されて
間もないデュース・2ドアセダンで雨の中ドライブして来てくれました。

そして当日ゲストアーティストだったショーティーも、岩手から高速にのらずに
一般道で、わざわざこの39年フォードP/Uで参加してくれたのです。

栃木から参加のタイフーンも、もう何年も乗っている
このシェビーP/Uで参加してくれました。

55年シェビーにピンストライプをドロウするゴースト。

スティール・パーティー初参加のクロスオーバーの作品群。
彼もこの日は、一日中忙しそうでした。
[an error occurred while processing this directive]